北海道書道展

1960年創設の北海道書道展は、招待作家、招待会員、会員、会友の約870人が所属、一般公募部門にはおよそ1300点が出品されている道内最大規模の書道公募展です。部門は漢字多字数、漢字少字数、かな、近代詩文、墨象、篆刻・刻字。招待作家の中野北溟氏をはじめ、招待会員や会員で、国内で評価されている書家も少なくありません。

一般公募は毎年12月に応募要項・出品規定を発表し、翌年2月末頃まで出品を受け付けています。展覧会は例年4月下旬から5月上旬に、札幌市内で3会期に分けて開催、作品集刊行や解説会を行っています。函館、網走などで移動展を実施しています。

北海道書道展第60回記念展「北のかがやき2019」

開催概要

 1960年に創設し今年60回展の節目を迎えた北海道書道展は、「書道王国」といわれる北海道の書道界を牽引してきました。現在、招待作家、招待会員、会員、会友計約900人が所属し、全国レベルで活躍している書家も少なくありません。
 10年ぶりに道立近代美術館で開催する本展では、招待作家、招待会員、会員の作品213点と北海道書道展発展の礎を築いた書家(第1回展審査員)の作品10点を展示します。

会 場
北海道立近代美術館(中央区北1西17 TEL 011-644-6882)
会 期
2019年10月30日(水)~11月10日(日)休館日なし(12日間)
前期 10月30日(水)~11月4日(月)
後期 11月5日(火)~10日(日)
開館時間
9時30分~17時
11月4日、10日は16時終了
※入場は各閉館時間の30分前まで
出品者
通期 25名(第1回展審査員10名、招待作家1名、招待会員13名、前理事長)
前期 100名(会員) 後期 98名(会員)
入場料
前後期通し券 1,000円
前売一般・団体 700円(団体は10名以上)
当日券 800円 
※高校生以下無料
前売券取扱い
(10/29まで) 道新プレイガイド、市民交流プラザチケットセンター、北海道新聞各支社(北見は道新文化センター)
ご購入はこちら
主 催
北海道新聞社
後 援
北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、北海道書道連盟
問合せ
北海道書道展事務局 
〒060-8711札幌市中央区大通西3 道新文化事業社内
電話 011-210-5735(土・日、祝日を除く)

出品作家一覧(PDF)はこちら


書を知るイベント

揮毫会

北海道書道展会員による揮毫会(会場:第3展示室)
 11月3日(日)13:00~ 野中竹峰氏、阿部和加子氏、大川一濤氏、佐々木信象氏
 11月9日(土)13:00~ 松永律子氏、大川壽美子氏、古谷玄山氏

ギャラリー・トーク

北海道書道展会員が出品作品や日頃の書活動などについてお話します。(展示室内)

前期展
 10月30日(水)14:00~ 菅原京子氏、大上凌胡氏
 10月31日(木)14:00~ 熊川景子氏、上戸抱山氏
 11月1日(金)14:00~ 須田廣充氏、竹下青蘭氏
 11月1日(金)15:00~ 紅林幸子氏、加藤青園氏

後期展
 11月5日(火)14:00~ 出村太幹氏、野坂武秀氏
 11月6日(水)14:00~ 福田遥岑氏、滑志田方苾氏、吉田三枝子氏
 11月7日(木)14:00~ 松山朴羊氏、八巻水鷗氏
 11月7日(木)15:00~ 山田起雲氏、三上禮子氏

※揮毫会とギャラリートークは、入場券の半券で何度でも入場可。

※イベント内容は変更になる場合があります。


第60回記念北海道書道展

受賞者

【大賞】(1名)

【準大賞】(9名)


【入賞・入選】

【新会友】
 一覧(PDF)

開催概要

作品集
道新プレイガイド(店頭販売)で購入できます。
郵送をご希望の方は、下記事務局へお申込みください。
移動展
2019年6月15日(土)~6月21日(金) 道立函館美術館
2019年6月29日(土)~7月21日(日) 網走市立美術館
主催
北海道新聞社
後援
北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、北海道書道連盟
お問い合わせ
北海道書道展事務局(〒060-8711 中央区大通西3 道新文化事業社内)
電話 011-210-5735(土・日、祝除く)
FAX 011-207-3939

過去の受賞作品

59回の受賞作品はこちら

58回の受賞作品はこちら

57回の受賞作品はこちら